奈良市/心療内科/精神科/カウンセリング

医療法人 緑友会
なら新大宮クリニック

日ごろ、心に感じていることを書いていきます。専門的な話題と言うより、リラックスして読んでいただけるような日誌です。

●四季日記●
立秋も過ぎました。しかし、今年は一段と暑さが厳しいですね。毎日、熱中症の患者さんが救急搬送されています。このコロナの 時代に医療機関も大変です。最近のコロナは欧州由来の変異したものが流行しているようです。患者層も20代、30代の若者が多い ようです。しかし、安心はできないでしょう。コロナの後遺症が注目されています。とにかく、感染リスクを少なくする努力は 重要です。人込みでは必ずマスクをしましょう。帰宅したら手洗い、うがいは必須です。コロナの時代を安全に生きていきましょう。
今日で私のクリニックもお盆休みが終わります。家内の両親の墓参りや大阪の実家の母の様子を見に行ったり、免許センターに 免許の更新に出かけたり、なんやかんやで忙しく、お盆も終わってしまいました。
近くの赤道を歩くと、ものすごい蝉しぐれ です。ああ夏だな、としみじみ感じられます。夏は、子供にとっても一番楽しい季節だと思います。私も、夏が一番大好きな季節 です。しかし、夕方近くになると、ツクツクボウシが鳴き始めています。一歩ずつ、季節は着実に秋に向かっています。
皆さん、 お体に気を付けてお過ごしください。令和2年8月16日

 今年の梅雨は、熊本を中心とした九州豪雨で被害が甚大でした。台風並みの大雨でした。奈良は比較的静かでした。一度だけ、 ズボンのひざ下あたりまでずぶぬれになったことがありました。朝、バス停までの途中、クマゼミがシャンシャンと鳴き始めました。 気象庁の梅雨明け宣言も待たずに、クマゼミが「梅雨明け」だと大声でアピールしているようにも聞こえました。朝から蒸し暑く、 かっと晴れています。きっと梅雨明けもすぐそこまで来ているのでしょう。
それにしてもコロナはまだまだ猛威を振るっています。 奈良市医師会でも、1日のPCR検査件数を10件から20件まで倍増させて対応にあたっています。ホテル療養滞在も再開させています。 世界を見てもコロナの感染者が毎日激増しています。マスクは手放せません。ステイホームも当分、必要です。皆様、 気を付けて過ごしましょう。令和2年7月19日

ここ何日か真夏日が奈良でも続いています。近鉄電車の車窓からも田植えが終わった田んぼがみずみずしく並んでいます。クリニック近く の街路樹のそばのガクアジサイも綺麗に咲いています。
コロナは相変らず世界中で猛威を振るっています。日本でも、東京都、 北九州などで小さなクラスターが発生しています。奈良県では今のところ、コロナの新規感染者は報告されていません。入院している コロナの患者さんも一人だけです。なるべく早いコロナの終息が待たれます。
コロナに警戒しながらの社会経済活動も徐々に 再開されています。朝の通勤電車もコロナ以前の込み具合に戻っています。ただ、まだ観光客はほとんど見られず、奈良公園の 鹿たちものんびりと鹿せんべい売り場あたりでたむろしています。
クリニックを受診される方もコロナの心配から、すこし 減っています。ぼーっとしている間に、梅雨に入ってしまうのでしょう。令和2年6月7日。

初夏の陽気です。つつじが、ハナミズキがきれいに咲き誇っています。新緑の木々もまぶしいくらいです。朝のバス停では、鴬がにぎやかです。 口笛で鴬の鳴き声をまねて、ホーホケキョとふくと、必ずホーホケキョと返事してくれます。ちょっと楽しいですね。
世界中、 コロナ禍で大変な状況です。今は、国を挙げて、ステイホームです。ゴールデンウイーク中出かけないようにしましょう。
企業の、 家庭の、学生の収入が激減し、皆がアップアップしています。政治のことは全く素人で、よくはわかりませんが、とにかく政権与党の 安倍総理に頑張ってもらうしかありません。政治家の皆さんも健康に気を付けながら国民のために尽力ください。令和2年4月29日。

桜が満開です。毎年、まぶしいほどの美しさを見せてくれます。通勤途上の目を楽しませてくれています。バス停まで赤道の桜並木。 バスから見える枝垂桜。近鉄電車から眺める平城京跡の桜、佐保川沿いの整然と並んだ桜。すべて見事というしかありません。
しかし、コロナウイルスはなお世界中で猛威を振るっています。もう世界の感染者数は100万人を超えているかもしれません。コロナの 怖さはあっという間に重症化し、死に至らしめるところです。その魔の手は幼児から老人に至るまであらゆる年代の人々の命を奪って 行きます。ヨーロッパでもアメリカでもすでに医療崩壊を起こしています。日本でも都会を中心として、コロナは牙をむこうとしています。 君が、彼女が、電車の隣の人が、ひょっとしたら家族の人がすでに無症状でコロナに感染しているかもしれません。私たちにできることは しっかり睡眠をとり、規則正しく食事をとり、自己免疫力を高めておくことしかないのではないでしょうか。ただ、救いなのが8割位の 感染者が軽傷なのです。コロナにかかっても自分も家族も友人も多くの人たちも大丈夫だと、前を向いていきましょう。令和2年4月2日。

もうすぐ東大寺二月堂でのお水取りが終わろうとしています。春らしい暖かさと冬らしい冷たさとが交互に来ています。
今日、WHOが パンデミックを宣言しました。コロナウイルスの感染者が12万人を超えてしまいました。今は、全世界の敵がコロナウイルスとなりました。 私たちも気を付けていきましょう。閉鎖空間での人込みなどには出かけないようにしましょう。やむなく外出した時は、帰宅後の手洗い、 うがいなどは入念にしましょう。もし、軽い微熱や咳などがみられてもあわててクリニックに行くのは控えましょう。帰国者・接触者センター や保健所に電話して、よく相談しましょう。
国会でも、与野党協力してコロナウイルス対策に頑張ってもらいましょう。令和2年3月12日。

 今年も6分の1が終わって、東大寺のお水取りが始まろうとしています。気温も暖かめで、日差しもまぶしいくらいです。春ですね。 自宅でのんびりしていると、世界を恐怖に貶めているコロナウイルスの猛威も実感できませんが、皆様、くれぐれも感染しないように 用心してくださいね。令和2年3月1日。

  時の流れはなんと早いものでしょうか。もう立春も過ぎ、節分も終わりました。私もこの正月元旦に無事退院できました。少し、 左足に知覚鈍麻があり500円玉硬貨をいつもくっつけているような変な感じがあります。夜中の右足の激痛がなくなって、ほっと しています。令和2年2月16日。
 
 台風19号の被害で東北、関東は大変なことになっています。迅速な復旧が望まれます。台風の進路も今年はちょっと変でした。これまでは、 紀伊半島直撃コースが多かったように思われますが。なぜか、関東、東海の方に行ってますね。気候変動のせいですかね。
  今日は体育の日。でも、最近は全く運動らしきものをしていません。通勤で歩くくらいです。高脂血症、脂肪肝、肥満。成人病も はなはだしい状況です。砂糖は少し控えめにしようと努力しています。
 今年の年末は脊柱管狭窄症の手術で、少し長めのお休み にさせていただきます。70近くなると増えるのは病気ばかり。年は取りたくないですね。令和1年10月14日。

明日は9月23日秋分です。今日は大阪の母とお寺の彼岸の法要に参加しました。午前10時半から11時半の部に入りましたが、吉田家の 名前を忘れられていたので、法要の終わりに、吉田家の名前を唱えてもらいました。母も92歳近くなって足腰も弱っているので義理の 弟に送り向かいを頼んでいます。私は、先に梅田の阪急百貨店前のところで車から降ろしてもらいました。食事をして自宅に戻った ら、3時近くになっていました。台風が近づいていましたが、何とか雨にあわずにすみました。明日は、一日ゆっくりするつもりです。 令和1年9月22日。

残暑お見舞い申し上げます。8月8日の立秋も過ぎました。毎朝、蝉しぐれの中を通勤しています。梅雨明け時分はクマゼミの大合唱。 少ししてアブラゼミが加わり、またも大合唱。このころはツクツクボウシが静かに鳴いています。秋の足音を感じますね。
お盆休みは前半が家内の両親のお墓参り。後半は国立国会図書館にこもって資料探し。あっという間にお盆も終わってしまいました。 台風10号も足早に通り過ぎていきました。新宮市のおばさんに電話したら、あまり被害もなかったようです。
お盆で帰省している 息子も、明日は金沢に戻ります。いつになったら就職してくれるのか、ほとほと心配になります。
まだしばらく暑さが続きます。 夏バテ気味ですが、あとひと頑張りですね。令和1年8月18日。

日曜日、雨がよく降りますね。近畿の梅雨明けは、7月20日ころのようです。今日も、老人ホームにいる父のところに行ってきました。 母が昨日の土曜日に義理の弟と一緒に父のところに来たはずなのに、「覚えてない」という。しっかりしているようで、認知の方は大分 進んでいる様子。ペースト食を食べさせたが、意外においしそうに食べてくれたので一安心。帰る時にも、「ありがとうよ」と 言ってくれた。
明日は海の日。休みが一日でも多いと何となく得したような気になる。診察場面で稀なケースにであったので、 今はその症例の検討で、少し忙しい。
この前の朝、雀が一斉に飛び立ったので、変だなと思っていたら、玄関を出るとき白黒の マダラ猫がいた。それで雀があわただしく飛び散ったのだと納得。
今日も、大阪で蝉の鳴き声を聞いた。もうすぐ夏ですね。 令和1年7月14日。

雨の日曜日。静かに過ごしています。東北や関東では梅雨入り宣言がされているのに、なぜか近畿は外れています。近鉄電車沿線の 田んぼもほぼ田植えが終わっています。この時期って、雀の餌が減るのでしょうか。一時期、来なくなっていた雀がたくさん来る ようになりました。母雀が子雀に餌をかいがいしく食べさせています。
Google検索でトラブル続きで頭が痛いです。なぜか私の クリニックの検索サイトだけで、誹謗中傷のコメントがたくさん書かれていたり、「なら新大宮クリニック」で検索しても、言葉 が変更されて「奈良新大宮クリニック評判」での検索結果が出てきます。一応弁護士には相談していますが、お尻は重たそうです。 Googleって、横柄な企業なのでしょうね。令和1年6月16日。


今日は、立夏です。気温も高くなり、随分と暖かくなりました。
長い10連休も今日までです。皆さんは、どう過ごしましたか。 私は、連休後半は、家の掃除やら布団干しをしていました。連休中ごろ、大阪の老人ホームに入っている父親のお見舞いに家族 4人で出かけました。認知も少しあり、両足と左手に麻痺があり、ほぼ寝たきりです。食事はすりつぶしたものばかりですが、 「苦い」「おいしくない」「もう、いらん」など文句ばかり言いながらも、少しは食べてくれたので、安心でした。
明日から、 仕事です。令和も始まり、気持ちを新たにして、ぼちぼちとがんばろうと思っています。令和元年5月6日。


奈良の桜もほぼ散ってしまった。葉桜が眩しい季節です。この5月からの元号も令和と決まりました。時は常に流れています。 私も70に手が届くところに来てしまいました。特別養護老人ホームに入っている父は、すでに93歳です。父の兄弟も生きて いるのは一番末の弟だけになってしまいました。少しは分かっているのか、「今度は俺の番やな」と言います。
4月20日は 穀雨です。穀物を潤す春雨が降る頃です。田畑をやっている人達も色々準備で忙しくなるころです。まだ、毎朝、雀が沢山 やってくるのを見ると、まだ田畑の耕しは始まっていないのでしょう。まだ、雀の餌になる虫が見られないのでしょう。
今年のゴールデンウイークは10連休と随分長いですね。去年、11月ころ睡眠中に右足に激痛が走るので、脊柱管狭窄症の 手術をこの連休にかけてする予定でしたが、その症状がほとんどなくなってしまったので、手術は中止となりました。少しは ほっとしていますが、連休の過ごし方をどうしようか悩んでいます。行楽地のホテルはどこも満室で、今からでは遅すぎます。 家族で相談して、特養の父の見舞いやら、家の片付けやらしようということになりました。平成31年4月18日。


東大寺のお水取りも始まりました。今日はひな祭り。後3日で、啓蟄。ぼちぼちと虫が土の中から這い出してきます。 今朝も、雀が賑やかでした。お隣さんの小さな木の花に2羽のメジロが来て、花の蜜を吸っていました。朝夕はまだ寒いですが、 季節は確実に、春ですね。 明日からは、もうコートは脱ぎましょうか。
一市民に、そんなに特別な近況もないので、 日曜日以外は毎日、患者さんのお話を伺っております。困っている人もいれば、忙しく毎日を送っておられる人もいます。 人生、色々・・・って、本当、その通りですよね。平成31年3月3日。


節分も過ぎ、立春もあっという間に過ぎていきました。1年が本当に短くなっていきます。それだけ、年をとったということ なんでしょうね。 子供の頃は、1日が長く、早く時間が過ぎて夏休みが来ないかな、と川向の道路を走っているトラックを教室の窓を とうしてボーと眺めていたのを思い出します。
毎朝、窓のシャッターをガラガラあけると、家の前の電線に雀さんが 10羽、20羽とまって、こちらの方を見ています。一階の窓のシャッターを開けると、ちゅんちゅんと雀が大騒ぎです。 神棚に手を合わせ、亡くなった飼い犬の写真と骨壺に手を合わせてから、ウッドデッキに出て、小鳥用の餌を 撒いてあげます。野生の雀なので私がウッドデッキから家の中に入ろうとしないと餌をついばみには来ません。 雀さんがゆっくり食べられるように、そっとその食べる様子を見ながら、私も朝食です。この前、突然、雀が一斉に 飛び去ったので何事が起ったのかと窓の外を見ると、キジバト大のタカの仲間を発見して、いささかびっくりしました。 パソコンで、猛禽類・住宅地で検索すると、「つみ」というタカ科の鳥だとわかりました。道理で雀が一斉に 逃げ出すわけです。「つみ」をまじかに見たのは初めてで、感激しました。身近なところにも精悍な猛禽類がいるのですね。 平成31年2月5日。


明けましておめでとうございます。今年も、どうかよろしくお願い申し上げます。
私たち、 心療内科医、あるいは精神科医は、どちらかと言うと地味な仕事を生業にしていると思い ます。心を病んで、私たちのクリニックを訪れる人たちは、あまり公然と人様に心の悩みを 打ち明けられない人が多いように感じています。心をあからさまに話してしまうことは、 場合によっては、誤解されかねないところがあります。そんな時、私たちが、そっと耳を 傾けてあげることが、患者さんの心の重荷を少し軽くしてあげられるような気がします。 今年1年、どのような出会いがあるのでしょうか。心静かに、見守りたいと思っています。
今年の元旦は家内、娘、息子と名鉄犬山ホテルで過ごしました。国宝犬山城に登った後、城に隣接した犬山針鋼神社に 行きました。家内はかつておみくじで凶が出たので、おみくじアレルギーとなっていて 子供と私だけおみくじを引きました。私は、中吉が出たので、気を良くしております。 皆様の初運はどうでしたか。今年も元気に頑張りましょう!平成31年1月2日。